Nikon Imaging
Japan

デジタル一眼レフカメラで、 TTL調光コードSC-28/SC-29を使用する場合の注意点を教えてください

デジタル一眼レフカメラでi-TTLモード時に、調光コードSC-28/SC-29を使用してカメラからスピードライトを離して撮影する場合、スタンダードi-TTL調光以外では適正露出を得られない場合があります。
この場合は、スタンダードi-TTL調光に切り換えて撮影してください。あらかじめテスト撮影されることをおすすめします。

また、製品特長としてTTL調光コードSC-28は2個の増灯ターミナルを、TTL調光コードSC-29はAF補助光部を装備しています(※)。
TTL調光コードSC-29ではデジタル一眼レフカメラのTTL増灯撮影はできません。

※ SB-5000/SB-910/SB-700との組み合わせで、TTL調光コードSC-29のカメラ接続ユニットからAF補助光を発光できます。

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D3000 、 D300S 、 D3100 、 D3200 、 D3300 、 D3500 、 D3400 、 D3X 、 D4 、 D4S 、 D5 100周年記念モデル 、 D5 、 D500 、 D500 100周年記念モデル 、 D5100 、 D5200 、 D5300 、 D5600 、 D5500 、 D600 、 D610 、 D7000 、 D7100 、 D7200 、 D7500 、 D750 、 D800 、 D800E 、 D810 、 D810A 、 D850 、 D90 、 Df

スピードライト

SB-300 、 SB-400 、 SB-5000 、 SB-700 、 SB-910

アクセサリー

Other accessory

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員