Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

デジタル一眼レフカメラと AI レンズ(MF)と組み合わせた場合の制限を教えてください

デジタル一眼レフカメラの対象製品と各 AI レンズ(MF)と組み合わせた場合の制限は、以下のとおりです。
 

レンズ \ モード

フォーカスモード

撮影モード
露出モード

測光モード

オート

フォーカス

フォーカス
エイド

マニュアル

M

M 以外

マルチ
パターン
測光

中央部重点測光
スポット測光

AI-P ニッコール

×※1※2

AI-S、AI、
シリーズ E レンズ、
AI 改造レンズ

×※1※3×××

AI-S、AI テレコン
バーター

×※4※3×××
※1 開放絞り値が f/5.6 以上明るいレンズのみに使用可能。
※2 フォーカスポイントの選択によりスポット測光エリアの移動が可能。
※3 露出インジケーターは使用不可。
※4 合成の開放絞り値が f/5.6 以上明るい場合に使用可能。

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D3100 、 D3200 、 D3300 、 D5100 、 D5200 、 D5300 、 D5600 、 D5500 、 D90

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員