Nikon Imaging
Japan

AI 方式レンズにある爪のような部品の機能を教えてください

AI方式レンズにある爪のような部品は露出計連動爪といい、AI 方式より前の露出計内蔵カメラを使用する際に必要です。
また、ファインダー内で絞り値が読み取れるAI方式のカメラを使用する場合、露出計連動爪を外すとファインダー内の絞り値がより明るく、見やすくなります。

露出計連動爪の取り外しは、弊社サービス機関にて承っております。露出計連動爪を外した後、ビス穴を化粧ビスで埋めてお返しします。(作業料無料、送料はお客様負担)

<ご注意>
露出計連動爪を固定しているビスは、外したビス穴を埋めるには長すぎて適しません。
また、一度外した爪を取り付ける場合には、取り付け精度が必要なため、取り外し・取り付けはニコンサービスセンターまたは修理センターにお申し付けください。

なお、新たに露出計連動爪を取り付けたい・以前外した露出計連動爪を取り付けたいが露出計連動爪を紛失してしまったという場合は、
残念ながら、すでに部品の在庫が払底しているためご要望にお応えすることができません。あらかじめご了承ください。

このQ&Aの対象製品

NIKKORレンズ

AI Micro Nikkor 55mm F2.8 、 AI Micro-Nikkor 105mm F2.8 、 AI Nikkor 20mm F2.8 、 AI Nikkor 24mm F2.8 、 AI Nikkor 28mm F2.8 、 AI Nikkor 35mm F1.4

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員