Nikon Imaging
Japan

Dfで非AI方式レンズを使用する方法を教えてください

Dfに非AI方式レンズ(AI方式以前の連動爪を使用するタイプ)を取り付ける場合は、露出連動レバーを押し上げてからレンズを取り付けます。


Image

非AI方式レンズを装着すると、レンズとカメラで絞り値が連動できなくなります。
このため、適切な露出を得るにはレンズとカメラの両方で絞り値を設定する必要があります。

セットアップメニューの「レンズ情報手動設定」でレンズNo.を選んで焦点距離と開放絞り値を設定し、「露出連動方式」で「非AIレンズ」を選択してレンズ情報を登録します。
この設定により、レンズで設定した絞り値表示・再生画面での焦点距離と絞り値の表示・RGBマルチパターン測光が可能になり、露出モードAまたはMで撮影ができます。
撮影する際は、レンズの絞りリングで設定した絞り値をサブコマンドダイヤルでカメラにセットします。

<ご注意>


設定方法や装着できないレンズについては、使用説明書をこちらからダウンロードしてご参照ください。

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

Df

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員