Nikon Imaging
Japan

デジタル一眼レフカメラのAFモード/AFエリアモードについて教えてください(ファインダー撮影の場合)

デジタル一眼レフカメラの対象製品に搭載されているAFモード/AFエリアモードについては、以下のとおりです。
※この手順資料はD4Sを使用しています。そのため、 他の機種をご利用の場合操作が一部異なる場合があります。
  機種によっては、撮影モード(SCENE、EFFECTS など)によって設定できない場合があります。詳細は使用説明書の「撮影モードによって設定に制限がある機能一覧」をご参照ください。
ここではPモードで説明します。


<オートフォーカスで撮影する>
フォーカスモードセレクターをAFに合わせると、オートフォーカスになります。
Image

また、レンズのフォーカスモードがマニュアルになっている場合、切り替えてください。

(例)M/A|Mの場合
Image

ここではA/Mで説明します。


<AFモードについて>
AFモードを変更して、オートフォーカスでのピントの合わせ方を選べます。
 

静止している被写体の撮影に適しています。
シャッターボタンを半押しすると、カメラがピントを合わせて固定(フォーカスロック)します。
ピントが合っていないときはシャッターは切れません。

ファインダー内のピント表示(●)がいったん点灯してもフォーカスロックはされず、半押しの間動く被写体にピントを合わせ続けます。
スポーツなど動きのある被写体の撮影に適しています。

※機種によってはAF-A(AFサーボモード自動切り替え)を選択できます。
AF-Aにすると、被写体が静止しているときはAF-S、動いているときにはAF-Cに自動的に切り替わります。


<AFモードの変更方法>
AFモードボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルを回してください。
Image

AFモードは、上面表示パネルとファインダー内下表示に表示されます。

Image

ImageAF-ONボタンについて

AF-ONボタンを押すと、カメラが自動的に被写体にピントを合わせます。
縦位置シャッターボタンロックレバーを解除して、縦位置AF-ONボタンを押したときも同じ動作です。
Image

 

<AFエリアモードについて>
オートフォーカスでピントを合わせるフォーカスポイントの選択方法を設定します。
AFエリアモードは、上面表示パネル、ファインダー内下表示に表示されます。
 

 上面表示パネル

 ファインダー内下表示

 

Image

 

Image

カメラが自動的に全てのフォーカスポイントから被写体を判別してピントを合わせます。また、人物の顔を認識した場合は優先してピントを合わせます。

Image
 

 

Image

フォーカスポイントを自分で選べます。
選んだフォーカスポイントだけを使ってピント合わせをします。
静止している被写体の撮影に適しています。
 

 

AFモードがAF-Cの場合のみ選択可能です。
撮影者が選んだ1つのフォーカスポイントから被写体が一時的に外れても、周辺のフォーカスポイントからのピント情報を利用してピントを合わせます。
※この手順資料はD4Sを使用しています。そのため、 他の機種をご利用の場合、選択可能なフォーカスポイントの点数が異なります。詳しくはお使いの機種の使用説明書をご参照ください。

 
ダイナミックAF・9点 

 上面表示パネル

 ファインダー内下表示

 

Image

 

Image

構図を決めて撮影するときや、被写体の動く方向が予測でき、フォーカスポイントで被写体を捉えやすい撮影に適しています。
(例:陸上競技やモータースポーツ)



ダイナミックAF・21点

 上面表示パネル

 ファインダー内下表示

 

Image

 

Image

動きがランダムで予測しにくい被写体の撮影に適しています。
(例:フィールドスポーツ)



ダイナミックAF・51点(機種によっては39点)

 上面表示パネル

 ファインダー内下表示

 

Image

 

Image

※AF・39点の場合は「d39」と表示されます。
被写体の動きが速く、選んだフォーカスポイントで被写体を捉えにくい場合の撮影に適しています。
(例:野鳥撮影)

 

 上面表示パネル

 ファインダー内下表示

 

Image

 

Image

AFモードがAF-Cの場合のみ、51点全てのフォーカスポイントを使って被写体を追尾する3D- トラッキングを選択可能です。
選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせると、シャッターボタンを半押ししている間は被写体の動きに合わせて、フォーカスポイントを自動的に切り換えて被写体にピントを合わせ続けます。
左右に動く被写体を自由な構図で撮影するのに適しています。
(例:テニス)
Image
 

 上面表示パネル

 ファインダー内下表示

 

Image

 

Image

撮影者が選んだフォーカスポイント(グループ)を使ってピント合わせをします。
広い範囲で被写体を捉えるため、あやまって背景にピントが合ってしまうことが起こりにくくなります。
1つのフォーカスポイントでは捉えにくい被写体を撮影する場合に適しています。


<AFエリアモードの変更方法>
AFモードボタンを押しながら、サブコマンドダイヤルを回します。
Image

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D4 、 D4S 、 D5 、 D500 100周年記念モデル 、 D500 、 D600 、 D610 、 D750 、 D800 、 D800E 、 D810 、 D810A 、 D850 、 Df

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員