Nikon Imaging
Japan

マイクロレンズの F 値が開放になりません 理由を教えてください

マイクロレンズでは、撮影倍率が上がるにしたがいフィルム面上(撮像素子面)での像の明るさは減少します。
そのため、有効 F 値(実効 F 値ともいいます)は大きく(=暗く)なります。
この変化量はカメラが自動的に補正するので、露出を決める際や TTL 調光によるフラッシュ撮影で露出倍数を考慮する必要はありません。
なお、カメラ側の外部表示パネルやファインダー内表示部で表示される絞り値は露出倍数が自動的に補正されたF値です。

たとえば、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED は開放F値が 2.8 ですが、至近ではカメラに 4.8 と表示されます
同様に最小絞りは 32 ですが、至近ではカメラに 57 と表示されます

撮影距離至近時に設定できる範囲については、それぞれのマイクロレンズの使用説明書をこちらからダウンロードしてご参照ください。

このQ&Aの対象製品

NIKKORレンズ

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 、 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR 、 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 、 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 、 AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 、 AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D 、 AI Micro Nikkor 55mm F2.8 、 AI Micro-Nikkor 105mm F2.8 、 PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED 、 PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら