Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

AF-P G タイプレンズが使用できるミラーレスカメラ/デジタル一眼レフカメラを教えてください

AF-P G タイプレンズが使用できるミラーレスカメラ/デジタル一眼レフカメラについては以下のとおりです。
 

 マウントアダプター FTZ を装着した 
 Z シリーズ 
 D6、 
 D850、D780、
 D500、D7500、D5600、
 D3500、D3400
 
 制限なく使用できます。

 D5、D4S、Df、
 D810、D810A、D800、D810A、
 D750、D610、D7200、D7100、
 D5500、D5300、D3300
 
 カメラのファームウェアを最新版にバージョンアップすると使用できます。
 ※ D5300/D3300 は、「AF 設定時のフォーカスリング操作」メニューによる
   M/A モードの設定(有効/無効)や、
   マニュアルフォーカス時のフォーカスリング端点警告表示機能に
   対応していません。
 マウントアダプター FT1 を装着した
 Nikon 1 シリーズ 
 D5200
 

 使用できますが、ピント合わせをした後にカメラの半押しタイマーがオフになると
 再び半押しタイマーがオンになったときにピント位置が変わるため、
 撮影時にもう一度ピント合わせをしてください。
 マニュアルフォーカスでピント合わせから
 シャッターを切るまでに時間がかかる場合は、
 カメラの半押しタイマーを長めに設定しておくことをおすすめします。
 

< 注意事項 >

カメラの電源が OFF のときやカメラの半押しタイマーがオフになった際は、
フォーカスリングを回してもピント合わせはできません。
また、ズームリングを回すとピントずれが生じます。
ピント合わせをするときは、カメラの電源を ON にするか
シャッターボタンを半押しして、半押しタイマーをオンにしてください。
カメラメニューに「光学手ブレ補正」があるカメラの場合、
レンズの手ブレ補正機能の ON/OFF を切り換え可能です。
なお、カメラメニューに「光学手ブレ補正」がないカメラの場合は
自動的に ON になるため、OFF にはできません。
 

​​​​​ D3X、D300S、
 D7000、D5100、
 D3200、D3100
 
 対応していないため、使用できません。

 

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D3300 、 D3400 、 D3500 、 D5 100周年記念モデル 、 D5 、 D500 、 D500 100周年記念モデル 、 D5200 、 D5300 、 D5600 、 D5500 、 D6 、 D610 、 D7100 、 D7200 、 D7500 、 D780 、 D750 、 D800 、 D800E 、 D810 、 D810A 、 D850 、 Df

ミラーレスカメラ

Z 7 、 Z 7II 、 Z 6 、 Z 6II 、 Z 5 、 Z 50 、 Nikon 1 AW1 、 Nikon 1 J5 、 Nikon 1 V2 、 Nikon 1 V3

NIKKORレンズ

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 、 AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 、 AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

NIKKOR Z レンズ

FTZ

1 NIKKOR レンズ

FT1

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員