Nikon Imaging
Japan

ニコン製品が故障した場合、保険申請時に必要な書類は発行できますか

ニコンでは修理料金をお知らせする書類として、「見積連絡票」もしくは「納品書」が発行可能です。
どちらの書類が必要になるかは、ご契約されている保険会社にご確認ください。
「見積連絡票」と「納品書」の違いについては以下のとおりです。
なお、「見積連絡票」もしくは「納品書」の発行には製品をお預かりする必要があります。
料金については、見積もり料金:1,000円(税抜)、鑑定料:1,000円(税抜)にて承ります。
また、製品の送料については送付時のお客様負担と、返却時1,200円(税抜)の料金が発生します。
修理を進行する場合には別途修理料金が発生します。

また、未修理となった場合にも未修理返却手数料:1,000円(税抜)が発生します。
料金の詳細については修理センターへご確認ください。

修理センターにて製品の受付後、書類発行までの期間はおよそ1週間です。
※諸般の事由により期間が予定より延びる可能性があります。あらかじめご了承ください。

発行をご希望の場合は、修理センターにご依頼ください。
修理のご依頼方法についてはこちらから確認できます。
※ご依頼の際は、「保険申請のため見積連絡票発行希望」または「保険申請のため納品書発行希望」と記載したメモも添付してください。
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員