Nikon Imaging
Japan

修理部品保有期間が過ぎた製品を修理センターへ預けずに、修理不能証明書を発行できますか

修理部品保有期間が過ぎた製品を修理センターにお預かりしていない状態では、書類発行はできません。
まずは、修理センターへ「修理不能を証明するため納品書発行希望」と記載したメモを同梱の上、製品を直接お送りください。
製品到着後、発行される納品書をもって修理不能証明とします。

修理のご依頼方法については、こちらから確認できます。
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら