Nikon Imaging
Japan

Z 7/Z 6 の「フォーカスシフト撮影」にある「ピーキングスタック画像」について教えてください

Z 7/Z 6 の「フォーカスシフト撮影」にある「ピーキングスタック画像」とは、フォーカスシフト撮影後、すぐにピント範囲を確認できる画像のことです。

「ピーキングスタック画像」を「記録する」に設定すると、フォーカスシフト撮影後、撮影した画像からピントが合っている部分の輪郭を抽出し、簡易的に深度合成したモノクロのピーキングスタック画像を記録します。
意図した被写体にピントが合っているかどうかを確認できます。

また、カメラ本体ではフォーカスシフト撮影で取得した写真の深度合成はできません。
深度合成を行えるおすすめのアプリは以下のとおりです。 なお、上記アプリの使用方法などについては各アプリの提供元へお問い合わせください。

このQ&Aの対象製品

ミラーレスカメラ

Z 7 、 Z 6

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら