Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

COOLPIX P1000 に使用できるスピードライト(外部フラッシュ)を教えてください

COOLPIX P1000 では以下のスピードライトをスタンダード i-TTL 調光で使用できます。
ご使用の際は以下の点にご注意ください。




< スピードライト(外部フラッシュ)を取り付ける時の注意点 >
 
ユーザが追加した画像

 
 内蔵フラッシュは、ポップアップしないでください。
 スピードライトの装着方法については、お使いになるスピードライトの使用説明書をご覧ください。
 COOLPIX P1000 に対応していないアクセサリーを取り付けようとすると、カメラやアクセサリーを破損する場合があるためご注意
 ください。



 
 < 内蔵フラッシュについてのご注意 >

 スピードライトを取り付けた場合は、カメラの内蔵フラッシュは使用できません。
 スピードライトと内蔵フラッシュが衝突して破損する場合がありますので、内蔵フラッシュはポップアップさせないでください。



 
< 他社製フラッシュについてのご注意 >

他社製のフラッシュ(カメラの X 接点に 250 V 以上の電圧がかかるものや、アクセサリーシュー部の接点をショートさせてしまうもの)を使用しないでください。
カメラの正常な機能が発揮できないだけでなく、カメラおよびフラッシュのシンクロ回路を破損することがあります。




< スピードライト(外部フラッシュ)使用時のご注意 >

撮影画像にケラレ(※ 四隅が黒くなり丸く切り抜かれたような状態)が発生した場合には、被写体と距離をとったり、レンズフードを外すなどしてください。




 
■ スピードライトと組み合わせて使える機能

 
 
 SB-5000SB-700SB-500
i-TTL i-TTL-BL 調光---
 スタンダード
 i-TTL 調光
AA 絞り連動外部自動調光--
A 外部自動調光---
M マニュアル発光-
GN 距離優先マニュアル発光-
RPT リピーティングフラッシュ--
 赤目軽減発光




 i-TTL 調光について
  • モニター発光し、被写体からの反射光をカメラを測光して、スピードライトの発光を制御します。
        - スタンダード i-TTL 調光 : 背景光を考慮せず、主要被写体が基準露光量になるように発光量を制御します。
                           主要な被写体を強調した撮影に適しています。
  • i-TTL 調光を使って撮影するときは、撮影前にスピードライト側の発光モードを i-TTL にセットしてください。



 スピードライトについて
  • このカメラでは、スピードライトの発光色温度情報伝達、オート FP ハイスピードシンクロ、FV ロック、マルチポント AF 補助光、ワイヤレスライティングの各機能は使えません。
  • SB-5000、SB-700 のオートパワーズーム機能を使うと、レンズの焦点距離に合わせて照射角が自動的にセットされます。
  • スピードライト使用時に、ズームの広角側で画像の周辺が暗くなることがあります。その場合、SB-5000、SB-700 ではワイドパネルをお使いください。
  • スピードライトの「スタンバイ」機能は、撮影時のカメラの電源 ON と連動します。 
  • レディーライトの点灯はスピードライト側でご確認ください。


詳細についてはこちらからダウンロード可能な活用ガイドやオンラインマニュアルをご参照ください。
 

このQ&Aの対象製品

COOLPIX P

COOLPIX P1000

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員