Nikon Imaging
Japan

D500の感度自動制御機能について教えてください

感度自動制御とは、設定したISO感度で適正露出が得られない場合に、カメラが自動的にISO感度を変更する機能です。
感度自動制御の設定方法については以下のとおりです。


1. 静止画撮影メニューの「ISO感度設定」で「感度自動制御」を選択し、マルチセレクターのユーザが追加した画像を押します。

ユーザが追加した画像


2. 「する」を選択し、ユーザが追加した画像ボタンを押します。

ユーザが追加した画像
 
「する」の場合:カメラが自動的にISO感度を変更します。フラッシュ撮影時も、フラッシュの光量が適正となるように感度自動制御が機能します。
「しない」の場合:「ISO感度」で設定したISO感度に固定されます。


3. カメラが感度を自動的に制御する方法を選択し、ユーザが追加した画像ボタンを押します。

ユーザが追加した画像
 
感度自動制御するときにISO感度が高くなりすぎないように、上限感度(200~Hi5)を設定できます。
ISO感度の下限は100に設定されます。
 
別売スピードライトを使用した場合の上限感度(200~Hi5)を設定できます。
「フラッシュなしの設定と同じ」を選ぶと、「制限上限感度」と同じ設定になります。
 
露出モードPまたはAで、感度自動制御が働き始めるシャッタースピードを1/4000~30秒から設定できます。
「オート」に設定すると、レンズの焦点距離に応じてシャッタースピードの低速限界をカメラが自動で設定します(CPUレンズ装着時のみ)。
たとえば、望遠レンズ使用時は手ブレが発生しやすくなるため、低速限界が自動的に高速側に設定されることでブレを軽減できます。



「感度自動制御」を「する」にすると、表示パネルとファインダー内表示には以下のように表示されます。

ユーザが追加した画像

ISO-AUTO表示が点滅している場合は、「ISO感度」で設定した感度で撮影されます。
感度が自動制御されるとISO-AUTO表示が点滅し、制御されたISO感度が表示されます。



<感度自動制御についてのご注意>

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D500 、 D500 100周年記念モデル

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員