Nikon Imaging
Japan

D5600に使用できるレンズについて教えてください

D5600で使用できるレンズについては、以下のとおりです。


<CPUレンズ>

D5600のオートフォーカスでピントを合わせるには、AF-S/AF-P/AF-Iいずれかのレンズが必要です。
それぞれのレンズの見分け方は、以下の部分に表記されています。

ユーザが追加した画像



D5600で使用できるCPUレンズの仕様によるファインダー撮影時の制限は、以下のとおりです。
 
ユーザが追加した画像

※1 フォーカスポイントの選択によりスポット測光エリアの移動が可能です。
※2 PC-E NIIKOR 24mm f/3.5D EDを装着してレボルビング操作をすると、レンズのシフトノブがカメラボディーに接触する場合があります。また、シフトおよびレボリビングの組み合わせによっては、レンズとカメラボディーが接触して操作が制限される場合があります。
※3 アオリ操作をしているときは適正露出になりません。
※4 アオリ操作をしていない場合のみ可能です。
※5 シフトおよびレボルビングの組み合わせによっては、レンズとカメラボディーが制限される場合があります。
※6 アオリ操作をしているとき、または開放絞り以外のときは適正露出になりません。
※7 合成絞り値がF5.6以上明るい場合に使用できます。
※8 AF80-200mm f/2.8S、AF35-70mm f/2.8S、AF28-85mm f/3.5-4.5S(New)、AF28-85mm f/3.5-4.5Sレンズを使用し、ズームの望遠側かつ至近距離で撮影した場合、ファインダースクリーンのマット面の像とフォーカスエイドのピント表示が合致しない場合があります。ファインダースクリーンのマット面を利用してピント合わせをしてください。
※9 開放F値がF5.6以上明るいレンズのみ使用できます。
 
 
<CPUレンズについてのご注意>
AF-S/AF-P/AF-I以外のオートフォーカス(AF)レンズを装着しても、D5600ではオートフォーカス撮影ができません。
また、IXニッコールレンズは装着できません。

 

<CPUレンズ、Gタイプ/Eタイプ/Dタイプレンズの見分け方>
 
                      CPU信号接点
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像
 
 

                                   絞りリング
ユーザが追加した画像
 
絞りリングのあるCPUレンズを取りつける場合は、最小絞り(一番大きい数字)にし、ロックしてください。






<非CPUレンズ>

ユーザが追加した画像

※1 一部装着できないレンズがあります。<使用できない非CPUレンズ>をご参照ください。
※2 開放F値がF5.6以上明るいレンズのみ使用できます。
※3 露出インジケーターは使用できません。
※4 フラッシュ同調シャッタースピードより1段以上低速のシャッタースピードで使用できます。露出インジケーターは使用できません。
※5 アオリ操作を使用していない場合のみ可能です。
※6 合成絞り値がF5.6以上明るいレンズのみ使用できます。
※7 縦位置にして装着してください(装着後、横位置に戻すことは可能です)。

 
<非CPUレンズについてのご注意>
 
 
 
<使用できない非CPUレンズ>

以下の非CPUレンズは使用できません。
無理に装着しようとするとカメラやレンズが破損するため、ご注意ください。

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D5600

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員