Nikon Imaging
Japan

デジタル一眼レフカメラやZ 7/Z 6 で、白とびをおさえて撮影する方法を教えてください

デジタル一眼レフカメラやZ 7/Z 6 で白とびをおさえて撮影する方法は、以下のとおりです。


< アクティブ D - ライティング >
 
撮影の前にあらかじめ「アクティブ D - ライティング」を設定すると、ハイライト部の白とびを抑えて撮影でき、見た目のコントラストに近い画像に仕上がります。
また、同時に暗部の黒つぶれを軽減する効果もあります。

暗い室内から外の風景を撮影したり、直射日光の強い浜辺など明暗差の激しい景色を撮影するのに効果的です。
アクティブ D - ライティングを設定したときは、測光モードをマルチパターン測光に設定して撮影することをおすすめします。


< HDR (ハイダイナミックレンジ) >
 
1 回の撮影で露出が異なる画像を2 コマ撮影して合成することにより、輝度範囲の広いシーンでも白とびの少ない画像を記録します。
また、同時に暗部の黒つぶれを軽減する効果もあります。

明暗差が著しい撮影シーンなどで、シャドー部からハイライト部まで幅広く再現された画像を記録できます。
HDR モードを設定したときは、測光モードをマルチパターン測光に設定して撮影することをおすすめします。



アクティブ D - ライティングやHDR (ハイダイナミックレンジ)を使用する場合の注意点や制限については、使用説明書や活用ガイドをこちらからダウンロードしてご参照ください。

 

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D3000 、 D300S 、 D3100 、 D3200 、 D3300 、 D3400 、 D3500 、 D3X 、 D4 、 D4S 、 D5 100周年記念モデル 、 D5 、 D500 、 D500 100周年記念モデル 、 D5100 、 D5200 、 D5300 、 D5500 、 D5600 、 D600 、 D610 、 D7000 、 D7100 、 D7200 、 D750 、 D7500 、 D800 、 D800E 、 D810 、 D810A 、 D850 、 D90 、 Df

ミラーレスカメラ

Z 7 、 Z 6

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら