Nikon Imaging
Japan

D5600 のレリーズモードについて教えてください

D5600 のレリーズモードについては、以下のとおりです。


 ユーザが追加した画像 ボタンを押すと、シャッターをきる(レリーズする)ときの動作(レリーズモード)の選択画面が表示されます。

 
ユーザが追加した画像

マルチセレクターでカーソルを動かし、ユーザが追加した画像 ボタンを押してレリーズモードを決定します。

ユーザが追加した画像


< レリーズモード >
 ユーザが追加した画像 1 コマ撮影シャッターボタンを全押しするたびに1コマずつ撮影できます。
 ユーザが追加した画像 低速連続撮影シャッターボタンを全押ししている間、低速連続撮影します。
 ユーザが追加した画像 高速連続撮影シャッターボタンを全押ししている間、高速連続撮影します。
 ユーザが追加した画像 静音撮影1コマ撮影に比べて静かに撮影できます。
 ユーザが追加した画像 セルフタイマーセルフタイマー撮影ができます。



各レリーズモードの撮影方法は下記のとおりです。



< 低速連続撮影/高速連続撮影する >


シャッターボタンを深く押し込んで(全押しして)、そのまま押し続けている間、連続撮影できます。
ユーザが追加した画像 (低速連続撮影)と ユーザが追加した画像 (高速連続撮影)から選べます。


 
1. ユーザが追加した画像 ボタンを押します

 
ユーザが追加した画像



2. ユーザが追加した画像 (低速連続撮影)または ユーザが追加した画像 (高速連続撮影)を選び、ユーザが追加した画像 ボタンを押して設定します。

 
ユーザが追加した画像



3. 構図を決め、ピントを合わせます

 
ユーザが追加した画像



4. シャッターボタンを全押しして連続撮影します

  シャッターボタンを深く押し込んで(全押しして)、そのまま押し続けている間、連続撮影します。
 
ユーザが追加した画像

 
<連続撮影についてのご注意>




< 静音撮影する >


1 コマ撮影に比べて静かに撮影するため、できるだけ音を立てたくないときに便利です。ピントが合ったときの電子音は鳴りません。


 
1. ユーザが追加した画像 ボタンを押します

 
ユーザが追加した画像



2. ユーザが追加した画像 (静音撮影)を選び、ユーザが追加した画像 ボタンを押します

 
ユーザが追加した画像



3. シャッターボタンを全押しして撮影します

 
ユーザが追加した画像


 

< セルフタイマーを使って撮影する >

 
セルフタイマーによる撮影は、記念写真など、撮影者自身も一緒に写りたいときなどに便利です。
セルフタイマー撮影時は、三脚などを使ってカメラを固定してください。

 
 
1. ユーザが追加した画像 ボタンを押します

 
ユーザが追加した画像



2. ユーザが追加した画像 (セルフタイマー)を選び、ユーザが追加した画像 ボタンを押します

 
ユーザが追加した画像



3. 構図を決め、ピントを合わせます

 
ユーザが追加した画像
 
※ ピントが合っていないときなど、カメラのシャッターがきれない状態ではセルフタイマーは作動しません。



4. セルフタイマー撮影を開始します

 
ユーザが追加した画像

 
シャッターボタンを全押しすると、約 10 秒後にシャッターがきれます。
タイマーが作動している間は、電子音が鳴り、セルフタイマーランプが点滅します。

 
ユーザが追加した画像
 
 
撮影約 2 秒前になると、ランプが点滅から点灯に変わり、電子音が鳴る間隔が短くなります。
作動中のタイマーを解除するには、電源を OFF にしてください。


 

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D5600

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら