Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

D850 でサイレント撮影をする方法について教えてください

D850 でサイレント撮影をする方法については、以下のとおりです。



1. ライブビューセレクターを ユーザが追加した画像 (静止画ライブビュー)に合わせます
 
ユーザが追加した画像



2. ユーザが追加した画像 ボタンを押します
 
ユーザが追加した画像



3. ユーザが追加した画像 ボタンを押します
 
ユーザが追加した画像



4. 「サイレント撮影(静止画 Lv)」で「する(モード 1)」または「する(モード 2)」を選びます
 
それぞれのモードについては下記のとおりです。
 
 する
 (モード 1)
 シャッターをきるときの振動をなくして撮影できます。
 風景や静物など動きの少ない被写体を撮影する場合に適しています。
 撮影時は、三脚の使用をおすすめします。
 レリーズモードが CH の場合の連続撮影速度は約 6 コマ/秒になります。
 ISO 感度は Lo 1 ~ 25600 の間で設定できます。
 する
 (モード 2)
 「する(モード 1)」よりも高速で連続撮影できます。
 レリーズモードが ユーザが追加した画像ユーザが追加した画像ユーザが追加した画像 および ユーザが追加した画像 の場合は、
 シャッターボタンを全押しするたびに 1 コマずつ撮影します。ユーザが追加した画像 および ユーザが追加した画像 の場合は約 15 コマ/秒、
 ユーザが追加した画像 の場合は約 30 コマ/秒で、最大 3 秒間の高速連続撮影ができます。
 撮像範囲は「DX(24×16)」画像サイズは 3600×2400、画質モードは「NORMAL★」に固定されます。




< サイレント撮影について >
- 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発生する
- 動きのある被写体が歪む
- 電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪む
- カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪む
- ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する
- 周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミネーションなどの点滅する光源がある場合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯が発生する

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D850

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員