Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

D780 に搭載されている、AF システムについて教えてください

D780 には、像面位相差 AF とコントラスト AF のコンビネーションとなるハイブリッド AF システムが搭載されています。


高い AF 性能と高画質をバランスよく実現するため、撮像素子の撮像面全体に像面位相差 AF 画素を配置しました。
動きのある被写体にも瞬時にピントを合わせる像面位相差 AF と、より高精度なピント合わせが可能なコントラスト AF を自動的に切り換えて状況に適した方式で、素早く、高精度にピント合わせができます。
ハイブリッド AF の詳細については以下のとおりです。



< 撮像範囲の縦横約 90 %をカバーする AF 領域 >

D780 のライブビュー時 AF ポイントは、273 点(※)と広範囲をカバーします。
撮像範囲の周辺部まで高い解像力を発揮する NIKKOR Z レンズとの組み合わせで、
周辺部の被写体にも極めて高い AF 精度を発揮します。

※ シングルポイント AF、静止画の FX フォーマットに設定されている場合



< 状況に応じて最適なモードを選べる豊富な「AF エリアモード」を搭載 >

「シングルポイント AF」「ピンポイント AF」「ワイドエリア AF(L)」「ワイドエリア AF(S)」「ダイナミック AF」「オートエリア AF」から、
被写体や撮影意図に応じて最適なモードを選べます。



< 一段と強化したオートエリア AF の「顔認識」性能 >

オートエリア AF 時の「顔認識」性能は、ターゲット追尾動作を統合した新開発の AF アルゴリズムによって一段と向上しました。
カメラが顔を認識した人物が横を向いたり、一時的に後ろを向いたりしても追尾し、ピントを合わせ続けます。
動きのあるポートレート撮影も、構図や表情に集中して撮影できます。



< 構図に集中して撮れるオートエリア AF の「瞳 AF」 >

静止画ライブビューのオートエリア AF 時には、人物の瞳を検出して瞳にピントを合わせやすくする「瞳 AF」にも対応しました。
ポートレート撮影などで、しっかりと瞳にピントの合った写真を撮影できるため、構図に集中しながら快適に撮影できます。
また、人物が振り向いたときやとっさにカメラを構えた時にも瞬時に瞳にピントが合うため撮影チャンスを逃しません。



< より狭い範囲にピントを合わせやすい「ピンポイント AF(※)」を搭載 >

クローズアップ撮影で花のめしべのような小さい被写体にピントを合わせたいシーンなどに、「ピンポイント AF」が有効です。
「ノーマルエリア AF」の約 2 分の 1 サイズのフォーカスポイントで、狭いエリアにも高精度でピント合わせができます。

※ 静止画モードで AF-S が選択されている場合のみ選べます。
  ピンポイント AF 設定時にはコントラスト AF が作動します。

このQ&Aの対象製品

デジタル一眼レフカメラ

D780

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員