Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

Z 50 の感度自動制御機能について教えてください

感度自動制御機能とは、撮影モード  ユーザが追加した画像ユーザが追加した画像ユーザが追加した画像ユーザが追加した画像 で設定した ISO 感度で適正露出が得られない場合に、
カメラが自動的に ISO 感度を変更する機能です。
撮影時に ISO 感度が高くなりすぎないように、上限感度(200~Hi2.0)の設定もできます。


感度自動制御機能の設定方法については、以下のとおりです。


ISO ボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを回すと、 ユーザが追加した画像 (感度自動制御する)と ユーザが追加した画像 (感度自動制御しない)に切り換えられます。
 
ユーザが追加した画像


感度自動制御する場合、撮影画面には  ユーザが追加した画像 が表示されます。
感度が自動制御されると、制御された ISO 感度が表示されます。

  
ユーザが追加した画像
 

制御上限感度は静止画撮影メニューの「ISO 感度設定」項目で設定できます。


設定方法については、活用ガイドをこちらからダウンロードしてご参照ください。


 
< 感度自動制御についてのご注意 > 

このQ&Aの対象製品

ミラーレスカメラ

Z 50

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員