Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

【修理前診断】【ミラーレスカメラ】連写/連続撮影ができない

連写、連続撮影ができない場合は以下をお試しください。

1.タッチシャッターを使用しているか確認してください。

タッチシャッターを使用した場合は、レリーズモードを連続撮影に設定していても、1コマしか撮影されません。
連続撮影するには、シャッターボタンを押して撮影してください。

ユーザが追加した画像



2.HDR(ハイダイナミックレンジ)モードの設定を[しない]にしてください。

HDRモードが設定されている場合、明暗差が大きい被写体で白飛びや黒つぶれを抑えるため、2コマの画像を撮影し合成することから、レリーズモードを[低速連続撮影]または[高速連続撮影]に設定していても、連続撮影はできません。
解除するには、MENUボタン→静止画撮影メニューを表示させ、[HDR(ハイダイナミックレンジ)]→[HDRモード]を選び[しない]に設定してください。



3.オートブラケティングの設定を[コマ数] [0F]にしてください。

オートブラケティングモードが設定されている場合、複数のコマで露出を段階的に変えて撮影を行うことから、レリーズモードを[低速連続撮影]または[高速連続撮影]に設定していても、オートブラケティング撮影が終了した時点で撮影はいったん停止します。
解除するには、MENUボタン→静止画撮影メニューを表示させ、[オートブラケティング]で[コマ数]を[0F]に設定してください。



4.多重露出モードの設定を[しない]にしてください。

多重露出モードが設定されている場合、複数のコマのRAWデータを重ねて写し込み、1つの画像として記録することから、レリーズモードを[低速連続撮影]または[高速連続撮影]に設定していても、連続撮影はできません。
解除するには、MENUボタン→静止画撮影メニューを表示させ、[多重露出]→[多重露出モード]を選び[しない]に設定してください。



5.内蔵フラッシュ※使用時はレリーズモードを[L]、[H]以外に設定してください。

内蔵フラッシュを使用して連写撮影を行うことはできません。
内蔵フラッシュ使用時にレリーズモードを[L]、[H]に選択した場合は、1コマ撮影のみが可能となります。
また。[H+]を選択した場合は、連写は可能ですが内蔵フラッシュが発光禁止となります。

 ※内蔵フラッシュが搭載されている機種に限ります。



上記をお試しいただいても解決しない場合

弊社サービス機関へ修理をご依頼ください。
修理のご依頼方法につきましてはこちらから確認できます。
 
上記の内容は、ご使用される製品によって該当しない場合や搭載されてない機能等が含まれる場合がございます。
ご確認いただく際はダウンロードセンターより製品ごとの使用説明書や活用ガイドをご参照ください。
 
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員