Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

【修理前診断】【Zマウントレンズ】撮影した画像が暗い

撮影した画像が暗い場合は以下をお試しください。

1.シャッタースピードを確認してください。

シャッター優先オート(S)モードまたはマニュアル(M)モードで、速いシャッタースピードが設定されていると、露出不足で画像が暗くなることがあります。
シャッタースピードを遅い秒時に設定し直すことで、画像の露出を調整してください。シャッタースピードはメインコマンドダイヤルを回すことで設定できます。



2.露出補正の設定を確認してください。

露出補正が-(マイナス)側に設定されていると、カメラは適正露出値を意図的にずらして画像全体を暗くします。
ユーザが追加した画像

露出補正は+/-ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回す、または露出補正ダイヤル※で設定を変更することが可能です。

 ※露出補正ダイヤルが搭載されている機種に限ります。

カメラの設定状態は表示パネル※、画像モニター、ファインダーで確認することができます。

 ※表示パネルが搭載されている機種に限ります。

  ユーザが追加した画像



3.ISO感度を感度自動制御(ISO AUTO)に変更してください。

ISO感度が低めに設定されていると、暗い環境下で撮影画像が暗くなることがあります。
撮影モードP、S、A、Mで設定したISO感度で適正露出が得られない場合に、カメラが自動的にISO感度を変更するように設定してください。
ISOボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを回すことで、設定を変更することが可能です。
カメラの設定状態は表示パネル※、画像モニター、ファインダーで確認することができます。

 ※表示パネルが搭載されている機種に限ります。

ユーザが追加した画像



4.測光モードを確認してください。

測光モードがマルチパターン測光の場合、画面の広い領域を測光するため、逆光時や明暗差の大きい被写体を撮影すると、被写体が暗く映ることがあります。
また、ハイライト重点測光※の場合は、高輝度の光源がある場合や主要被写体より背景の輝度が高い(明るい)場合など、主要被写体がアンダーに写ることがあります。
 
 ※ハイライト重点測光が搭載されている機種に限ります。

撮影時は被写体の状況に応じた測光モードを選択してください。
測光モードは、iボタンを押してiメニューを表示させ、マルチセレクターで測光モードを選択し、OKボタンを押すことで変更できます。



上記をお試しいただいても解決しない場合

弊社サービス機関へ修理をご依頼ください。
修理のご依頼方法につきましてはこちらから確認できます。
 
上記の内容は、ご使用される製品によって該当しない場合や搭載されてない機能等が含まれる場合がございます。
ご確認いただく際はダウンロードセンターより製品ごとの使用説明書や活用ガイドをご参照ください。
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員