Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

【修理前診断】【デジタル一眼レフカメラ】画像にノイズ・ムラがある

画像にノイズ・ムラがある場合は以下をお試しください。

1.画像のノイズ(ざらつき、むら、輝点)が発生する。

長時間露出撮影や、カメラが高温になるような環境では、ISO感度が高いとノイズが強調されることがあります。
また長時間カメラを使用すると、カメラ内部の温度が上昇することがあるため、ざらつき、むら、輝点が発生することがあります。
ISO感度を下げたり、カメラの温度が下がるまで待つなどしてから撮影してください。

長秒時ノイズ低減を設定すると、低速のシャッタースピードになったときに画像のノイズ(むら、輝点)を低減することができます。
MENUボタン→静止画撮影メニューで長秒時ノイズ低減を選び、[する]に設定してください。

高感度ノイズ低減を設定すると、ISO感度が高くなるほど発生しやすいノイズ(ざらつき)を低減することができます。
MENUボタン→静止画撮影メニューで高感度ノイズ低減を選び、[強め・標準・弱め]のいずれかに設定してください。

 ※カメラによってはMENUボタン→撮影メニューでノイズ低減を選び、[する]に設定してください。



2.フリッカーが発生する。

蛍光灯や水銀灯などの光源下では、照明の明滅による明るさのちらつき(フリッカー現象)により露出ムラや色味がバラつくことがあります。
MENUボタン→静止画撮影メニューでフリッカー低減を選び、[する]に設定してください。

また動画撮影中に蛍光灯や水銀灯などの光源下で画面に生じるちらつきや横縞(フリッカー現象)を低減できます。
MENUボタン→動画撮影メニューでフリッカー低減を選び、[オート]に設定してください。

 ※フリッカー低減機能が搭載されている機種に限ります。



3. モアレが発生する。

細かな格子模様や規則的に繰り返す細かい模様を撮影すると画像に縞模様(モアレ)が発生することがあります。
これらの被写体を撮影するときは、以下の方法をお試しください。

 ・ 撮影距離を変える
 ・ ズームレンズをご使用の場合はズーミングして焦点距離(画角)を変える
 ・ 被写体に対する角度を変えて撮影する
 ・ マニュアルフォーカスに設定してピントを少しぼかす



上記をお試しいただいても解決しない場合

弊社サービス機関へ修理をご依頼ください。
修理のご依頼方法につきましてはこちらから確認できます。
 
上記の内容は、ご使用される製品によって該当しない場合や搭載されてない機能等が含まれる場合がございます。
ご確認いただく際はダウンロードセンターより製品ごとの使用説明書や活用ガイドをご参照ください。
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員