Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

【修理前診断】【デジタル一眼レフカメラ】設定の変更ができない

設定の変更ができない場合は以下をお試しください。

1.シャッタースピードが変更できない時はロックの設定を確認してください。

シャッタースピードの変更は、表示パネルとファインダー内表示に「L」アイコンが表示されている状態で行うことはできません。
露出モードがSまたはMで、「L」アイコンが表示されている場合は、現在設定されているシャッタースピードでロックされています。
シャッタースピードのロックを解除する場合は、カスタムメニューの[シャッタースピードと絞り値のロック]を表示させ、[しない]に設定してください。

 ※シャッタースピードと絞り値のロックが搭載されている機種に限ります。

ユーザが追加した画像



2.絞り値が変更できない時はロックの設定を確認してください。

絞り値の変更は、表示パネルとファインダー内表示に「L」アイコンが表示されている状態で行うことはできません。
露出モードがAまたはMで、「L」アイコンが表示されている場合は、現在設定されている絞り値でロックされています。
絞り値のロックを解除する場合は、カスタムメニューの[シャッタースピードと絞り値のロック]を表示させ、[しない]に設定してください。

 ※シャッタースピードと絞り値のロックが搭載されている機種に限ります。

ユーザが追加した画像



3.言語設定・日時設定がリセットされる場合はバッテリー残量を確認してください。

言語設定・日時設定はバッテリーの残量がなくなった状態で長期間放置するとリセットされます。
充電済みのバッテリーをカメラに装着してから言語設定・日時設定をやり直してください。

カメラの内蔵時計は、バッテリーとは別の時計用電池で作動します。
カメラにバッテリーを入れると、時計用電池が充電されますが、フル充電するには数日かかります。
充電すると、数か月の間時計を動かすことができます。

 ※フル充電にかかる日数、および充電後の時計が動く月数は機種によって異なります。

また、バッテリーとは別のCR1616型リチウム電池で日時設定を保持している機種をご使用されている場合、電池の残量が少なくなると設定がリセットされます。市販の新しいCR1616型リチウム電池に交換してください。



上記をお試しいただいても解決しない場合

弊社サービス機関へ修理をご依頼ください。
修理のご依頼方法につきましてはこちらから確認できます。
 
上記の内容は、ご使用される製品によって該当しない場合や搭載されてない機能等が含まれる場合がございます。
ご確認いただく際はダウンロードセンターより製品ごとの使用説明書や活用ガイドをご参照ください。
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員