Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

Z 9 のフォーカスモード /AF エリアモードについて

Z 9 のフォーカスモード /AF エリアモードについては、以下のとおりです。


■ フォーカスモード


フォーカスモードでは、ピントの合わせ方を設定できます。


< フォーカスモードの設定方法 >
ユーザが追加した画像
   
 ユーザが追加した画像



< フォーカスモードについて >
 

ユーザが追加した画像
シングル AF
 
 - 静止している被写体の撮影に適しています。シャッターボタンを半押しすると
  ピント合わせを行い、ピントが合った時点でフォーカスポイントが赤色から緑色に変わって
  点灯し、フォーカスがロックされます。
  ピントが合っていないときはフォーカスポイントが赤色で点滅してシャッターがきれません。
 - 初期設定は、ピントが合うとシャッターがきれるフォーカス優先モードです。

ユーザが追加した画像
コンティニュアス AF
 
 - スポーツなど動きのある被写体の撮影に適しています。シャッターボタンの半押しを
  続けている間はフォーカスロックはされず、被写体の動きに合わせてピントを追い続けます。
 - 初期設定は、ピントの状態に関係なくシャッターがきれるレリーズ優先モードです。

ユーザが追加した画像
フルタイム AF
 
 - カメラは常に被写体の動きや構図の変化に合わせてピントを合わせ続けます。
 - シャッターボタンを半押しするとピント合わせを行って、ピントが合った時点で
  フォーカスポイントが赤色から緑色に変わって点灯し、フォーカスがロックされます。
 - 動画モードの場合のみ選べます。

ユーザが追加した画像
マニュアルフォーカス
 
  ピントを自分で合わせたいときに選びます。ピントの状態に関係なく、シャッターがきれます。



 AF エリアモード

オートフォーカス使用時の、フォーカスポイントの選択方法を設定できます。

< AF エリアモードの設定方法 >
 ユーザが追加した画像
 
 ユーザが追加した画像



< AF エリアモードについて >
 
ユーザが追加した画像
ピンポイント AF
 - シングルポイント AF よりも小さいフォーカスポイントを使って、より狭い範囲にピンポイントで
  ピントを合わせることができます。
 - シングルポイント AF よりもピント合わせに時間がかかることがあります。
 - 建築物などの静止している被写体の撮影や、スタジオでの商品撮影や接写に適しています。
 - 静止画モードで、フォーカスモードが「シングル AF」の場合のみ選べます。
ユーザが追加した画像
シングルポイント AF
 - 撮影者が選んだフォーカスポイントでピント合わせを行います。
 - 静止している被写体の撮影に適しています。
ユーザが追加した画像
ダイナミック AF(S)

ユーザが追加した画像
ダイナミック AF(M)

ユーザが追加した画像
ダイナミック AF(L)
 - 撮影者が選んだフォーカスポイントでピント合わせを行います。選んだフォーカスポイントから
  被写体が一時的に外れても、周辺のフォーカスポイントからのピント情報を利用してピントを
  合わせます。
 - 静止画モードで、フォーカスモードが「コンティニュアス AF」の場合のみ選べます。
 - スポーツの撮影など、シングルポイント AF では被写体をとらえにくい動きのある被写体の
  撮影に適しています。
 - ピントを合わせる範囲を S、M、L で設定できます。S が最も狭く、L が最も広い範囲で
  被写体をとらえます。
 - 「ダイナミック AF(S)」:構図を決めて撮影するときや、被写体の動く方向が予測でき、
  フォーカスポイントで被写体をとらえやすい撮影に適しています(例:陸上競技や
  モータースポーツ)。
 - 「ダイナミック AF(M)」:動きがランダムで予測しにくい被写体の撮影に適しています
  (例:フィールドスポーツ)。
 - [ダイナミックAF(L)]:被写体の動きが速く、選んだフォーカスポイントで被写体を
  とらえにくい場合の撮影に適しています(例:野鳥撮影)。
ユーザが追加した画像
ワイドエリア AF(S)

ユーザが追加した画像
ワイドエリア AF(L)
 - シングルポイント AF よりも広い範囲で被写体をとらえてピント合わせを行います。
 - スナップ撮影や、動きのある被写体、シングルポイント AF ではとらえにくい被写体の
  撮影などに適しています。
 - 動画撮影で、動きのある被写体を撮影する場合やパン・チルトを行う場合にも、
  滑らかで安定したピント合わせが行えます。
 - フォーカスポイント内に複数の被写体がある場合、手前の被写体を優先してピントを
  合わせます。
 - 「ワイドエリア AF(L)」は「ワイドエリア AF(S)」よりも広い範囲で被写体をとらえます。
ユーザが追加した画像
3D-トラッキング
 - フォーカスポイントを指定した被写体に追尾させることができます。
 - 追尾させたい被写体にフォーカスポイントを合わせ、ユーザが追加した画像 ボタンまたは ユーザが追加した画像 ボタンを押すか、
  シャッターボタンを半押しすると被写体の追尾を開始し、被写体の動きに合わせて
  フォーカスポイントが移動します。 
  もう一度 ユーザが追加した画像 ボタンを押すと追尾を終了してフォーカスポイントが追尾を開始する前の
  位置に戻ります。
 - カメラが途中で被写体を見失ってしまった場合は、いったんシャッターボタンを放して、
  もう一度フォーカスポイントで被写体にピントを合わせてください。
 - 静止画モードで、フォーカスモードが「コンティニュアス AF」の場合のみ選べます。
ユーザが追加した画像
ターゲット追尾 AF
 - フォーカスポイントを指定した被写体に追尾させることができます。
 - 追尾させたい被写体にフォーカスポイントを合わせ、ユーザが追加した画像 ボタンまたは ユーザが追加した画像 ボタンを押すか、
  シャッターボタンを半押しすると被写体の追尾を開始し、被写体の動きに合わせて
  フォーカスポイントが移動します。もう一度 ユーザが追加した画像 ボタンを押すと追尾を終了してフォーカス
  ポイントが追尾を開始する前の位置に戻ります。
 - 動画モードの場合のみ選べます。
ユーザが追加した画像
オートエリア AF
 - カメラが自動的に全てのフォーカスポイントから被写体を判別して AF エリアフレーム内で
  ピントを合わせます。
 - シャッターチャンスを優先した撮影、人物撮影、スナップ撮影などに適しています。


<3D-トラッキングおよびターゲット追尾 AF についてのご注意>

次のような場合は、追尾動作が正常に行われないことがありますので、ご注意ください。

このQ&Aの対象製品

ミラーレスカメラ

Z 9

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員