Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

【修理前診断】【スピードライト】電池が液漏れしている

電池が液もれした場合は以下をお試しください。

電池室を確認してください。

液漏れした電池を取り除き、内部を乾いた清潔な布で清掃してください。その後新しい電池を入れ、電源が入るかお試しください。
もし電池室の汚れがひどいときや電池接点が腐食している場合は、修理が必要ですので弊社サービス機関にご相談ください。

【ご注意】
 電池を入れたままの状態で長期間経過すると電池の自己放電が進行して液漏れが発生します。
 液漏れが発生すると、電池室や電池接点が腐食して使用できなくなることがありますので、長期間(目安として約2週間以上)使用しない場合は、スピードライトから電池を取り出して保管するようにしてください。

【安全上のご注意】
 電池から漏れた液が目に入ったときはすぐにきれいな水で洗い、医師の治療を受けてください。
 また電池から漏れた液が皮膚や衣服に付いたときはすぐにきれいな水で洗い流してください。
 詳しくは使用説明書または活用ガイドに記載されている安全上のご注意をご参照ください。



上記をお試しいただいても解決しない場合

弊社サービス機関へ修理をご依頼ください。
修理のご依頼方法につきましてはこちらから確認できます。
 
上記の内容は、ご使用される製品によって該当しない場合や搭載されてない機能等が含まれる場合がございます。
ご確認いただく際はダウンロードセンターより製品ごとの使用説明書や活用ガイドをご参照ください。
 
「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員