Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

Z 9(ファームウェア C:Ver.2.00 以降)の AF エリアモードをカスタムワイドエリア AF に設定する方法

Z 9(ファームウェア C:Ver.2.00 以降)に搭載されているカスタムワイドエリア AF は、ピント合わせを行う AF エリアのサイズを、フォーカスポイントの縦と横の数で設定することができ、ピントを合わせたい範囲がある程度決まっている被写体の撮影などに適しています。

ユーザが追加した画像 ユーザが追加した画像


Z 9(ファームウェア C:Ver.2.00 以降) の AF エリアモードをカスタムワイドエリア AF に設定する方法は以下のとおりです。
 
■ 静止画撮影メニューからカスタムワイドエリア AF を設定する方法
■ i メニューから設定する方法
■ フォーカスモードボタンから設定する方法

動画での操作手順は、”ニコンイメージングジャパン YouTube 公式チャンネル”でご確認いただけます。





 
 静止画撮影メニューからカスタムワイドエリア AF を設定する方法


1. ユーザが追加した画像ボタンを押します


2. ユーザが追加した画像静止画撮影メニューを選択し、ユーザが追加した画像ボタンを押します

  ユーザが追加した画像


3. 「AF エリアモード」を選択し、ユーザが追加した画像ボタンを押します


4. 「ワイドエリア AF(C1)」または「ワイドエリア AF(C2)」を選択し、マルチセレクターのユーザが追加した画像を押します


5. マルチセレクターのユーザが追加した画像で縦方向、ユーザが追加した画像で横方向のフォーカスポイントの数を変更します


6. ユーザが追加した画像ボタンを押し、設定を完了します





 i メニューから設定する方法


1. ユーザが追加した画像ボタンを押すか、画像モニターのユーザが追加した画像 をタッチして、ユーザが追加した画像メニューを表示します

 ユーザが追加した画像


2. ユーザが追加した画像メニューから「AF エリアモード/被写体検出」を選択して、ユーザが追加した画像ボタンを押します

 ユーザが追加した画像


3. マルチセレクターの ユーザが追加した画像 で ユーザが追加した画像 または ユーザが追加した画像 を選択します


4. ユーザが追加した画像ボタンを長押しします
  ※ ユーザが追加した画像 または ユーザが追加した画像 を選択してユーザが追加した画像ボタンを押すと、あらかじめ設定しているサイズの AF エリアになります。


5. マルチセレクターのユーザが追加した画像で縦方向、ユーザが追加した画像で横方向のフォーカスポイントの数を変更します


6. ユーザが追加した画像ボタンを押し、設定を完了します





 フォーカスモードボタンから設定する方法

 
1. フォーカスモードボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを回して AF エリアモードを ユーザが追加した画像 または ユーザが追加した画像 に設定します。

  ユーザが追加した画像


2. フォーカスモードボタンを押しながらマルチセレクターのユーザが追加した画像を押して AF エリアのサイズを変更します

  ユーザが追加した画像


3. フォーカスモードボタンから指を放すと設定が完了します



Z 9 のファームウェア C:Ver.2.00 より前のバージョンの場合は、ファームウェアをバージョンアップする必要があります。
バージョンアップの方法については、下記の FAQ をご確認ください。 SnapBridge でバージョンアップする方法については、下記の FAQ をご確認ください。

このQ&Aの対象製品

ミラーレスカメラ

Z 9

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員