Nikon Imaging
Japan
プレミアム会員 ニコンイメージング会員

NX Studio のカラーコントロールポイントについて

NX Studio の画像調整パレットにある「カラーコントロールポイント」を使用すると、画像の明るさや色合いなどを部分的に調整できます。
調整される範囲は、コントロールポイントを配置した場所の色によって自動的に識別され、似た色の部分のみに処理が適用されます。

カラーコントロールポイント(①)には、調整する範囲を示すサイズスライダー(②)と調整スライダー(③)が表示されます。
スライダーを動かして、カラーコントロールポイントの適用範囲や適用の値を変更します。
 
ユーザが追加した画像
   
< コントロール方法の切り換えについて >
調整スライダーの下(または上)に表示される三角形をクリックすると、
現在のコントロール方法(「BCS」、「HSB」または「RGB」)と「すべて」を切り換えられます。

ユーザが追加した画像



カラーコントロールポイントの基本的な使用方法は、以下のとおりです。

動画での操作手順は、”見て聞くマニュアル Digitutor(デジチューター)”でご確認いただけます。





 カラーコントロールポイントの基本的な使用方法


1. 画像を 1 枚表示または複数枚表示にします

 ユーザが追加した画像

 ※ サムネイル表示時はカラーコントロールポイントを使用できません。



2. 調整/情報パレットの[調整]タブ内、「部分的な補正」から「カラーコントロールポイント」を表示します

 ユーザが追加した画像

 ※ 画像調整パレットについては、こちら をご確認ください。



3. ユーザが追加した画像 をクリックしてオン(ユーザが追加した画像)にします

 ユーザが追加した画像

 ※ 画像調整パレットの上にある ユーザが追加した画像 のアイコンをクリックしてオン(ユーザが追加した画像)にしても
   手順 2. と手順 3. の操作ができます。

 ユーザが追加した画像



4. 色を変更したい箇所をクリックして、カラーコントロールポイントを配置します

 カラーコントロールポイントの位置はドラッグして移動できます。

 ユーザが追加した画像



5. サイズスライダーを左右に動かして調整する範囲を変更します

 カラーコントロールポイントを中心とした円形の内部(点線の円内)に処理が適用されます。
 境界線部分はグラデーション状に処理が適用され、外側に行くに従って適用量は少なくなります。
 スライダーが長くなるほど適用範囲が広がります。

 ユーザが追加した画像



6. 調整スライダーを左右に動かして、処理の適用量を変更します

 この例では、「B」(明るさ)のスライダーを動かして空の明るさを変更しています。
 カラーコントロールポイントが置かれた部分を中心に、空の青い部分のみに処理が適用され、
 建物の色味には影響していません。

 ユーザが追加した画像



7. 必要に応じてステップ手順 2~6 を繰り返してカラーコントロールポイントを追加します
 ※ カラーコントロールポイントはいくつでも配置できます。


< 配置するカラーコントロールポイントの数について >
  カラーコントロールポイントの配置は 100 程度までにすることをおすすめします。

< カラーコントロールポイントの複製について >
  カラーコントロールポイントを選んで「編集」メニューの「コピー」および
  「貼り付け」(macOS は「ペースト」)で複製できます。


NX Studio のカラーコントロールポイントについては、こちら よりご確認ください。

このQ&Aの対象製品

NX Studio

NX Studio v1.6.x

「Q&A・よくあるご質問」トップに戻る

お問い合わせ

Q&Aの結果でもわからない場合、製品に関するお問い合わせは、電話またはインターネットで受け付けています。お困りの際にご活用ください。

※「電話でのお問い合わせ」が大変混雑し、繋がりにくくなっております。あらかじめご了承ください。

インターネットからのお問い合わせ

デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなど製品についてのお問い合わせが可能です。
修理依頼済みに関するお問い合わせは、ご依頼された窓口まで直接ご確認ください。

電話でのお問い合わせ

ニコンカスタマーサポートセンターは、デジタルカメラ、フィルムカメラ、レンズなどに関するお問い合わせをお受けしております。

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員